Home/豆知識/硬水と軟水の味の違いとは?

硬水と軟水の味の違いとは?

硬水と軟水の味の違いとは?

硬水と軟水という言葉をよく耳にしますが、具体的にどんな違いがあるのでしょうか?

硬水と軟水の味に違いはあるのでしょうか?

 

天然水には主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれており、水1000mlあたりに含まれているカルシウムとマグネシウムの量によって硬水か軟水か決まります。

硬水と軟水の基準はWHO(世界保健機関)で定められています。WHOの基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」と言います。

日本で採れる天然水は硬度が100mg/ℓ以下なので、全て軟水です。

 

東京の水道水は比較的カルシウムとマグネシウムが多く含まれており、硬度が約60mg/l前後です。

一般的には、硬度0~100mg/lを軟水、101~300mg/lを中硬水、301mg/l以上を硬水に分けられます。

 

硬水と軟水はどのように誕生するのか?

日本はすべて軟水ですが、この違いが生まれてくるのが大地に含まれているミネラルです。

大地にミネラルの成分が多いと、水に吸収され、水が硬水となります。

日本では国土が狭く、山から川へ流れでるまでの期間が短いため、水にはあまり多くのミネラルは含まれません。

 

硬水と軟水の味の違い

日本人は軟水を好む方が多いです。軟水は比較的飲みやすいお水です。

小さなお子さんも硬水よりも軟水の方がいいでしょう。

 

赤ちゃんのミルクには硬水と軟水のどちらがいいの?

赤ちゃんのミルクには絶対軟水の方が良い。

赤ちゃんがミネラル成分多く摂取してまうと下痢などの症状を引き起こすので、硬水を与えるのは控えておきましょう。

 

赤ちゃんが軟水飲んでも大丈夫?

赤ちゃんのミルクには基本的にRO水と呼ばれる、水から余分な物を取り除いたまっさらな水が一番合います。

しかし、日本で採れる軟水はどれを飲んでも赤ちゃんに影響は出ません。

まとめ

硬水と軟水は見た目だけではまったく違いがわかりません。しかし、飲んでみると味がまったく違います。

エビアンといった硬水がスーパーで売られていますが、日本人は基本的に軟水を好みます。

ウォーターサーバーを選ぶ時も、軟水のお水がおすすめです。

2017-08-31T00:46:55+00:00 8月 23rd, 2017|豆知識|